Visualization for C++の新機能

Views、Server および DB Linkを含む Visualization for C++ は、ハイパフォーマンスで高度なグラフィックコンポーネントを提供します。ローグウェーブは Visualization for C++ を継続的に改善していきます。Server 6.3 は Rogue Wave Server .NETクライアントアプリケーションをサポートし、Views Maps には新しいマップリーダーが含まれています。

Server 6.3

  • 新たに.NETクライアントをサポートします。これにより Rogue Wave Server クライアントアプリケーションを開発するための言語サポートが増え、C ++、Java、または任意の.NET言語から選択することができます。

Views 6.3

  • 今回のリリースでは、お客様からのバグレポートに対応したものです。

Views Maps 6.3

  • MGRSリーダーが新たに追加されました。


リリースの詳細は、リリースノート(ViewsServerDB Link )をご覧下さい。
次のメジャーリリースでは、いくつかのプラットフォームがサポート対象外となる予定です。現在のサポート環境は こちら をご覧下さい。

バージョンアップのお申込み、お問合わせは カスタマーサポートセンター(jp-csc@roguewave.com / 03-5211-7761) までご連絡ください。