JViewsの新機能


JViews はハイパフォーマンスでインタラクティブな高性能グラフィックコンポーネントです。さまざまな分野のビジネス、科学技術計算、データ探索のためのGUIの構築に利用されています。JViews の特長であるリアルタイム表示や操作のカスタマイズ性、大量のデータを扱えるスケーラビリティなどにより、開発者は可視化ツールの挙動を容易に設定してインターフェースを自在にカスタマイズできます。

jviews-8-10-sereenshots.jpg

JViews 2017.1 で追加された機能

JViews は、通信ネットワークの管理や航空機の運行管理など、世界中のミッションクリティカルなアプリケーション開発で信頼され利用されています。
JViews 2017.1では、サポート環境に Java 9 と Eclipse の最新バージョンが追加されました。
 

JViews に関してご興味をお持ちの方は、製品概要のページ や サポート環境、リファレンスやチュートリアルといった 製品ドキュメンテーション をご覧ください。また日本語の デモのページでは、JViews を利用した様々なアプリケーションをブラウザでインタラクティブに動かすことができます。そのほか、ローグウェーブのブログ にはこれまでのVisualization 製品のリリースや機能を紹介した記事が掲載されていますので、ぜひご覧下さい。
 

追加情報

Javaサポートについて:

JViews Ganntのテスター募集:

  • ローグウェーブでは JViews Gantt Web アプリケーションのテスターを募集しています。 JavaScript の Gantt Chart コンポーネントのベータテスト版をご利用いただけます。新しいコンポーネントは、既存の JViews Ganttデータモデルをサポートし、JViewsアプリケーションサーバーまたはバックエンドに依存することなく実行できます。ご興味のある方は JViewsBeta@roguewave.com までお問い合わせください。