ARMでの開発にすばやく移行

ARMプロセッサがHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)の領域で広く利用されてくるのに合わせ、ローグウェーブは TotalView と CodeDynamics を最新の64ビット ARMv8-A アーキテクチャに対応させました。これらのツールは、たとえばメモリデバッグ、リバースデバッグ、データの可視化などの手法により、複雑なメモリや実行時に発生する問題に対する重要な知見を与え、ARM環境での障害をあっという間に特定します。 TotalView や CodeDynamics の高速で効率的なデバッグ機能を使えば最新のARM環境への対応はずっとシンプルになります。

「ARMは高度に統合されたエネルギー効率の高いソリューションを目指しており、TotalViewとCodeDynamicsがあれば  ARMプラットフォームを使用しているお客様は、複雑なHPCクラスタとコードに対する堅牢でスケーラブルな動的分析ソリューションを手にすることになります」

Eric Van Hensbergen,
ARM
HPCディレクター



 

TotalView や CodeDynamics は使いやすいシンプルなユーザーインターフェースと幅広い言語やプラットフォームをサポートします。これらを利用すればエラーをすばやく修正し、プロトタイプの挙動を早い時点で検証し、計算が正しく行われたことを確認できます。

  • メモリデバッグ -  メモリ状態を可視化し、またメモリリークや配列の領域外アクセスなどのメモリ関係のエラーを検知します。
  • マルチスレッドとマルチプロセスを制御 - 単一のスレッドから任意のプロセス/スレッドから成るグループまで柔軟な可視化と制御を提供します
  • 複雑なデータの問題をデバッグ - プログラムやデータの状態を細部まで可視化します
  • サポートするプログラミング言語 - C、C++、Fortran
その他 TotalView や CodeDynamics のさまざまな機能をご覧ください。