//]]>

レポートおよびメトリクス

コード品質の可視化および定量化を実現

高品質のソフトウェアを継続的にリリースしていくためには、開発者はコードベース全体についてのセキュリティ、信頼性、および保守性に関する複雑な問題に対処していく必要があります。

Klocwork(クロックワーク)を利用すれば、カスタマイズ可能なレポーティング機能、ダッシュボード、数百以上のメトリクス取得・解析機能を通じてコード品質を可視化・定量化し、開発の早期段階からコード品質やソフトウェアに潜むリスクを管理することが可能です。

開発マネージャや品質管理担当者は、チーム、コンポーネント、あるいはその他の様々な属性を条件としてコードの評価基準を構成し、コーディング段階からコードの品質をモニタリングして管理することができます。

手軽にカスタマイズできるレポート機能

Klocworkの「ドラッグアンドドロップレポート」機能を使用すれば、必要なデータをお望みの形式で速やかに取得できます。

また、プロジェクト間ブランチ管理機能を利用すれば、あるコードブランチで見つかった問題がその他のブランチにも存在するかどうかを速やかに知ることも可能です。

開発者デスクトップからの情報の集計により利用状況やROIを確認

Klocworkは、まだリポジトリにチェックインされていないデスクトップ上での修正を含めて、品質情報を自動的に集計します。これにより、コードがチェックインされる前にバグ修正に取り組むことができるとともに、バグ抑止効果をボトムアップの観点から把握することができます。

こうした情報を活用することで、デスクトップ解析や静的ソースコード解析の利用状況や効果を組織内で可視化することができると共に、ソフトウェア開発工程の初期段階から、コードベース内におけるハイリスクな領域を特定したりすることが可能となります。