rw_jp_SCA-agile-world_lpbanner2016_jp.jpg

アジャイル開発を円滑に進めるポイントとは?

 

高品質なソフトウェアを迅速かつ安全に提供できる手法として、今や開発プロセスの標準となりつつあるアジャイル開発。変化の早い現代のユーザー・ニーズに応える画期的な開発手法として世界各国のプロジェクトで採用されはじめていますが、一方で非常に残念な失敗事例もしばしば耳にします。

アジャイル開発の成功/失敗を分けるターニング・ポイントはどこにあるのでしょう。
どうすれば、アジャイル開発のメリットを最大限に活かして高品質なソフトウェアを効率よく開発することができるのでしょう?

その答えの一つが、「静的コード解析」です。
バグ検出、コードレビュー、リファクタリングの機能を備えたソースコード解析技術を開発プロセスに組み込むことにより、バグを早期に封じ込め、アジャイルの基本原則を完全に実現することが可能となります。

このハンドブックでは、アジャイル開発の導入に関わるプロジェクト・リーダーに向けて、アジャイル開発を円滑に進めるための重要なポイントを詳しく解説します。

アジャイル開発における「真のアジリティ」の実現に興味をお持ちの方は、ぜひ右のフォームよりお気軽にお申込み下さい(資料は無料でダウンロードいただけます)。


目次:

  • アジャイル開発を成功させる4つの原則
  • アジャイル開発を円滑に進行させるための効果的な戦略
  • アジャイル開発における静的コード解析の活用方法
  • 新のアジリティの実現

このホワイトペーパーで紹介しているツールの機能概要は「静的コード解析ツール - Klocwork」をご覧下さい。

 

お申し込みフォーム