品質とセキュリティ向上のためにソフトウェア開発リーダーが知っておくべき5つの指針


品質とセキュリティ向上のためにソフトウェア開発リーダーが知っておくべき5つの指針ソフトウェア開発を成功させる「5つの指針」とは?


ソフトウェア開発プロジェクトの運営は、無数のトラップが仕掛けられたダンジョン(洞窟)の攻略に似ています。プロジェクトのリーダーは、チームのメンバーを率いてこの難攻不落のダンジョンに挑み、ゴールを目指して突き進んで行かなくてはなりません。

多様化する開発プロセス、年々増加し続けるインフラ選択肢、開発メンバーのスキル不足、ステークホルダーから突きつけられる難題の数々…限られた時間とリソースで次々に襲いくる課題に対応し、「カットオーバー」というゴールに無事たどり着くためには、プロジェクト・リーダーとしてどのような点に気を配ればよいのでしょう?

この資料では、ソフトウェア開発プロジェクトのリーダーに向けて、高品質でセキュアなソフトウェアを無理なく開発するために押さえておくべき5つの指針について分かりやすく解説しています。エンタープライズ系ソフトウェア開発プロジェクトのリーダーはもちろん、MISRAやCERT-Cなどのソフトウェア設計標準規格への準拠が求められる組込みソフトウェア開発プロジェクトのリーダーにとっては、特に役立つ内容を盛り込みました。

ぜひ右のお申し込みフォームより、お気軽にお申し込み下さい(資料のダウンロードは無料です)。


目次:

高価値なアプリケーションを提供するために

  1. 要件・仕様へ準拠
  2. 非効率的なプロセスの排除
  3. 致命的なバグの解決
  4. チームの成長のサポート
  5. データドリブンな意思決定

加速化は時間を要する


 

お申し込みフォーム