//]]>

継続的インテグレーション

継続的インテグレーション+静的コード解析でアジャイル開発を効率化

アジャイル開発、DevOps、そして継続的インテグレーション (CI: Continuous Integration) の採用により、以前よりはるかに短いサイクルでソフトウェアを開発し、リリースできるようになりました。

Klocwork(クロックワーク) の継続的静的コード解析 (CSCA: Continuous Static Code Analysis) 機能は、このようなアジャイル開発向けの開発環境に最適な形で統合可能な、優れた静的コード解析ソリューションです。

CSCAは、パフォーマンスとスケーラビリティを最大化するためにデザインされた Klocworkのユニークな解析エンジンアーキテクチャにより実現されます。
KlocworkのC/C++用継続的静的コード解析を活用すれば、開発チームのメンバー全員がコードの変更に対して、CI環境上でセキュリティ、信頼性、パフォーマンスに関する問題を高速に差分解析できます。その結果、大規模なコードに対しても、非常に短い時間で解析結果を確認することが可能となります。

KlocworkのCSCAは、1日に何度もリリースを行う必要があるソフトウェア開発環境において、開発者にスピーディーに解析結果をフィードバックするためのベストなソリューションだと言えるでしょう。

あらゆるタイミングでコードを解析

Klocworkの継続的静的コード解析は、Jenkins(ビデオはこちら)やTeamCityといったメジャーなCIツール用のプラグインを提供しており、非常に手軽にご利用いただけます。また、標準ではサポートされない環境上で利用されたい方に向けて、コマンドラインによる解析機能もご用意しています。

従来の Klocworkデスクトップ解析や統合ビルド解析に加えて、こうした継続的静的コード解析機能を活用することで、あらゆる開発工程(コーディング、チェックイン、統合ビルド)において同一条件での静的コード解析によるチェックが可能となり、適切なタイミングで問題の早期発見及び修正が可能となります。