共同作業による欠陥の排除

Klocwork のコードレビュー機能は、コードレビュー実施のための開発者間コラボレーション機能に加え、静的コード解析によって指摘される、安全性、信頼性およびコーディング標準の問題のすべてが1つの環境で提供されるため、開発者は、効率的かつ広範囲の観点によるレビューを実施することができます。smart diffs などの標準コードレビューツールの機能をすべて装備し、ソースコード管理システムに統合することで、Klocwork はレビューに最も有効な方法を提供しています。ソーシャルメディア通知、通信のスレッドごとの表示、無制限のアクティビティウォールを使用して、開発者は、常に情報を取得し、最新の欠陥を即座に解決し、コードを改善できます。

デスクトップでのレビューを高速化

開発者は、1 回クリックするだけで、あらゆるタイプのコードやテキストファイルのコードレビューを開始し、参加できます。レビュースペースは、各ニーズに合わせてデザイン、カスタマイズでき、関連のあるプロジェクトを監視し、関心領域を設定し、重要な事項のみの通知を受けるよう設定できます。解析結果と問題をレビュースペースに統合することにより、開発者はデスクトップを離れることなく、リアルタイムで問題を追跡し、コメントを付け、問題を修正できます。修正が完了すると、変更事項を Git、Perforce、Subversion、ClearCase、CVS などの SCM を使って簡単にチェックインできます。

修正時間の短縮

Klocwork コードレビュー機能を使用すれば、ソーシャルコラボレーションによってコーディングの問題を解決、各開発者の技術知識の統合、レビューから得られる学びをチーム全体で共有できます。以下は、Klocwork がコードレビューを高速化する方法の例です。

  • すべての開発者がリアルタイム通知を受け、カスタマイズしたアクティビティウォールを使用できるため、いつ、どこでヘルプが必要かを瞬時に判断できます
  • 個人用バックログ、To Do リスト、高機能の検索文法により、バクフィクス作業の現状をだれでもすぐに判断できます
  • 関連アクションは、作成者、他のレビューア、または外部の担当者に割り当てて効率化を図れます
  • 細部までカスタマイズできる視覚的レポートに個人やチームに関するデータが表示されるため、本当に価値があり、フォローアップが必要な領域を特定できます

ローグウェーブが提供する Capability