コードレビュー機能

共同作業により欠陥を排除

Klocworkのコードレビュー機能は、静的コード解析によって指摘される安全性、信頼性およびコーディング標準に関する問題のすべてを1つの環境で提供します。加えて、コードレビュー実施のための開発者間コラボレーション機能により、効率的かつ広範囲な観点によるレビューを実施することが可能です。

また、smart diffsなどの標準的なコードレビューツールが持つ機能をすべて装備し、ソースコード管理システムに統合することも可能。まさにソースコードレビューのための最適なツールといえます。更に、ソーシャルメディア通知 、スレッド式ディスカッション、無制限のアクティビティウォールを利用すれば、最新の情報をリアルタイムに取得して不具合に対応し、より良いコードの作成に集中することできます。

デスクトップでのレビューを高速化

開発者は、あらゆるタイプのソースコードやテキストファイルのコードレビューをワンクリックで開始できます。同様に、レビューへの参加やレビューのフォローもワンクリックで行えます。

レビュースペースは、各自のニーズに合わせてカスタマイズ可能です。
関連のあるプロジェクトをまとめて監視したり、関心領域を設定したり、重要な事項についてのみ通知を受けるように設定したりすることができます。

解析結果や発生した問題をレビュースペースに表示するように設定しておけば、開発者はデスクトップを離れることなくリアルタイムで問題を追跡し、コメントを付けたり、問題を修正したりすることが可能です。修正完了後は、変更内容をGit、Perforce、Subversion、ClearCase、CVS などのバージョン管理システム上に簡単にチェックインできます。

修正時間の短縮

Klocworkのソーシャルコラボレーション機能を利用すれば、個々の開発者のスキルセットを統合して経験や知識を共有し、チーム全体で連携してソースコード上の問題解決に取り組めます。

以下は、Klocworkがコードレビューを高速化する方法の例です。

  • すべての開発者がリアルタイム通知を受け取り、カスタマイズしたアクティビティウォールを使用できるため、支援の必要な箇所やタイミングをすぐに把握できます。
  • 個人用バックログ、To Do リスト、高機能の検索文法により、バク修正作業の状況を誰もがすぐに判断できます。
  • 「関連アクション」を作成者、他のレビューア、あるいは外部の担当者に割り当てて作業の効率化を図れます。
  • 細かいカスタマイズが可能なビジュアル・レポートに個人やチームに関するデータが表示されるため、開発者にとって重要な領域やフォローアップが必要な領域を特定することが可能です。