//]]>

CodeDynamics の新機能

CodeDynamics は C や C++で書かれた複雑なアプリケーションを実行時に解析し、バグやメモリ問題、クラッシュ原因などの特定や修正に役立ちます。

CodeDynamics 2018.1

新バージョンの詳細や過去のリリース情報、その他ドキュメンテーションは、以下をご参照下さい。

製品ドキュメント(英語)リリースノートサポート環境表(pdf)CodeDynamics に関するブログ記事

新しい exec および fork handling 処理

CodeDynamics バージョン 2018.1 では、fork()、vfork()、clone()(CLONE_VMフラグなしで使用する場合)、execve()システムコールの処理方法をコントロールすることができます。 新しいコマンドラインオプションまたはCLI 状態変数を使用して、CodeDynamics デバッグセッションに fork または exec プロセスが取得された際、処理を停止するか続行するか、またはその選択を確認するかを定義できるようになりました。 たとえば、 通常 "bash" が exec を呼び出す時、プロセスは自動的に続行されますが、CodeDynamics は 他のプロセス exec がdset CLIコマンドを使用するか、codedynamicsコマンドオプションを使用するかを尋ねます。

                         dset TV::exec_handling {{{^bash$} go} {. ask}}

                         codedynamics -exec_handling '{{^bash$} go} {. ask}'

上記の<正規表現>ではTclに“$”を変数参照として処理させない様に中括弧 {}で囲います。
fork_handling のルール設定も同様です。

詳細は「CodeDynamicsリファレンスガイド」の TV::exec_handling および TV::fork_handling コマンドラインオプションと状態変数(state variable)ドキュメンテーションをご覧下さい。

新しいユーザーインターフェイス (UI)の改善

Display Preferences パネルまたは-newUIコマンドラインオプションを使用してアクティブ化された CodeDynamics の新しいユーザーインターフェイスには、アプリケーションのデバッグをさらに容易にするためのいくつかの拡張機能があります。新しいユーザーインターフェイスに関するフィードバック、追加機能のリクエストや不足機能のレポート、または問題点などがありましたら tv-beta@roguewave.com までお知らせ下さい。

tv2018-1-multipleviews.png

tv2018-1-informationdrawer.png
 

バグフィックスと改善

多数のバグ修正とマイナーな改善が行われました。

CodeDynamics のリリースノート をご覧下さい。