CodeDynamics の新機能

CodeDynamics は C や C++ で書かれた複雑なアプリケーションを実行時に解析し、バグやメモリ問題、クラッシュ原因などの特定や修正に役立ちます。様々な使い方を紹介した 動画シリーズ もご覧ください。

CodeDynamics 2017.1

新バージョンの詳細および過去のリリースに関する情報は、以下をご覧ください。

製品ドキュメント |  リリースノート |   サポート環境表(PDF) | CodeDynamics に関するブログ記事  

GNU DebugFission Split DWARFをサポート

技術的な詳細説明や利用方法はリリースノートをご覧ください。

PythonとC/C++の混合言語デバッグへのアーリーアクセス



詳細はこちら。また、ユーザーガイド Chapter 7にもこの混合デバッグ機能についての詳細な説明があります。

リバースデバッグ機能ReplayEngineがブックマーク機能をサポート

保存されたデバッグセッションの特定のタイミングをブックマーク指定し、後から容易にアクセスすることができます。
ユーザーガイドChapter 9に、このReplayEngineのブックマーク機能についての説明があります。コマンドライン(CLI)での設定も可能です。 

紹介動画: CodeDynamicsを使ったコードのナビゲーション

 



ローグウェーブが提供する Capability