CUDA デバッグ

GPU は急速に進化し、それに伴い開発は複雑化してきています。私たちは常に最先端の技術を考慮し最新の CUDA リリースに対応してきました。 お使いの HPCアプリケーションを CUDA 開発環境へ移行するなら、TotalView の CUDA デバッグ機能を使ってアプリケーションをデバッグ、チューニングすることをお勧めします。

TotalViewのCUDAデバッグ機能

TotalView は Linux x86-64 上で以下の CUDA デバッグをサポートします。

  • 最新の開発環境
    • CUDA の最新バージョン (7.0、7.5、8.0 )に対応
    • Tesla、Kepler、Maxwell、Fermi ハードウェア上で動作するCUDAプログラム
    • 複数の NVIDIA デバイスを同時に使用するアプリケーション
    • CUDA で高速化されたクラスタ上の MPI アプリケーション
    • PGI コンパイラや Cray CCE コンパイラでコンパイルされた OpenACC ディレクティブ を完全サポート
  • CUDAに特有のさまざまな機能に対応
    • CUDA Dynamic Parallelism
    • 統一された仮想アドレス(Unified Virtual Addressing)と GPUDirect
    • CUDA 6.0 の統一メモリ (Unified Memory)
    • CUDA C++ とインラインPTX
    • CUDAの動的モード
    • ホストにピン留めされたメモリ領域
  • TotalViewならではの便利なデバッグ機能
    • 単一のセッション内でCPUのホストコードとGPUのデバイスコードを同時にデバッグ
    • Linux と GPU デバイス上のスレッドを同時に可視化
    • 階層型のデバイス、ブロック、スレッドメモリを完全に可視化
    • 論理座標とデバイス座標のどちらでも CUDAスレッドをナビゲーション可能
    • CUDA 関数呼び出し、インラインCUDA 関数、CUDAコンテキストを表示
    • CUDA 機能にコマンドラインインターフェイス(CLI)でアクセス
    • メモリエラーを検知してレポート、CUDA の例外をハンドリング
    • CUDAコアファイルのデバッグ
TotalViewのCUDA機能

CUDAナビゲーション (クリックで拡大します)

新GUIでのCUDAデバッグ (クリックで拡大します)

その他の紹介資料