SourcePro の新機能

SourcePro 2016 を使うとデータストアへのアクセスが容易になり、少ないメモリ使用量と最適化されたパフォーマンスが得られ、最新のセキュリティ規格へと準拠することができます。これ以前のリリース記録は 公式ブログのSourceProに関する投稿 をご覧ください。

SourcePro 2016.2

SourcePro 2016.2 は SourcePro 2016.x に対して完全に上位互換 (後方互換 backward compatible) です。最新のセキュリティ規格、プラットフォーム、コンパイラ、データベースに対応し、使いやすさが向上しています。

SourcePro 2016.2 ARM版のトライアル

ARM は組み込み機器、モバイル、サーバ市場で広く使われるようになりました。私たちローグウェーブの SourcePro ライブラリは 最新の 64-bit ARMv8-A アーキテクチャをサポートします。「一度書いたコードをどんな環境でも利用できるようにする」という SourcePro のポリシーは ARMにまで適用されることになりました。SourcePro の Core、Net、DB、Analysis といったモジュールは全て ARMv8-A でご利用いただけます。ご興味のある方はご連絡ください。また、ARM版の 評価(evaluation) に関するドキュメント(英語)をお読みいただくこともできます。

セキュリティ

  • SourceProの全モジュールは最新のセキュリティ標準規格(CWE、CERT、OWASP、DISA STIG、最新のMISRA-C 2012など)に準拠しています。

プラットフォーム

  • RHEL 6.xのサポートを6.8に更新しました
  • RHEL 7.xのサポートを7.3に更新しました
  • Oracle Linux 7のサポートを追加しました
  • Windows Server 2016のサポートを追加しました
  • Windows 10のサポートをversion 1607 (Anniversary Edition)に更新しました
  • AIX 6.1 TL9のサポートをSP7へ更新しました
  • AIX 7.2 TL0のサポートをSP2へ更新しました
  • Solaris 12のサポートを追加しました
  • Oracle Linux 7のサポートを追加しました
  • HPUX 11i v3.xのサポートをv3.15へ更新しました
  • Intel MKL 11.3のサポートをupdate 3に更新しました
  • OpenSSLのサポートを1.0.2kに更新しました
  • ICUのサポートを58.2へ更新しました

コンパイラ

  • Visual Studio 2017のサポートを追加しました
  • Oracle Developer Studio on Oracle Linux 7のサポートを追加しました
  • Visual Studio 2015.xのサポートを2015.3に更新しました
  • Oracle Developer Studio 12.xのサポートを12.5に更新しました
  • SupportのサポートをHP aC++ 6.28.02へ更新しました
  • Intel C++ 2016のサポートを2016.3に更新しました

データベース

  • Oracle 12cのサポートを12.1.0.2へ更新しました
  • DB2 10.5のサポートをFP7へ更新しました
  • unixODBCのサポートを2.3.4に更新しました
  • PostgreSQL 9.xのサポートを9.6へ更新しました
  • ODBC Driver 13 for SQL Server on Linuxのサポートを追加しました
  • SQL Server 2016のサポートを追加しました
  • DB2 11.xのサポートを11.1に更新しました
この他の詳細はドキュメンテーションリリースノートサポート環境表をご覧ください。