SourcePro Analysis

SourcePro Analysis にはビジネスや研究における数学的問題解決に役立つ幅広い C++ コンポーネントが含まれています。

SourcePro Analysis のモジュール

基礎数学 (Essential Math)

ベクトル、行列と配列、複素数、永続的ストリーム、高速フーリエ変換、線形代数分解、ヒストグラム、ランダム分布および線形回帰といった広範な高度に最適化された Math クラスが含まれており、パフォーマンス、セキュリティ、アプリケーションの保守性を大幅に向上させます。

線形代数 (Linear Algebra)

線形代数用 C++ クラスを提供。基礎となる LAPACK ライブラリをカプセル化して、直感的な C++ インターフェースにて同等のパフォーマンスを提供。手続き型インターフェースをマスターする必要なく、開発者は直感的な C++ クラスを使用して線形代数の問題を C++ コードへと変換可能。

幅広い特殊行列クラス、因数分解クラス、対称および非対称の固有値分解用クラスを追加して、基礎数学モジュールの機能性を拡張します。

ビジネス分析 (Business Analysis)

C++で書かれた粒度の細かい統計機能を使って、開発者が適切なデータモジュールを作成するためにビジネスロジックに集中できるようにします。この C++クラスは直感的で使いやすく、オブジェクト指向の抽象化クラスで洗練されたデータ分析を実施し、数学的オブジェクトを一般的な計算を使用して表せるようにします。

多重線形およびロジスティクス回帰、パラメーター計算クラスおよびモデル選択を実装する幅広い直感的なクラスを提供します。回帰クラスはデータとパラメーター計算を連結するため、現在計算中のパラメーターおよび回帰データが常に同期します。

モデル選択クラスを使えば、開発者はあらかじめ用意されたモデル選択テクニックを使用するか、独自のモデル評価関数を定義するかを選べます。

通貨モジュール (Currency Module)

変換ポリシー、柔軟な書式設定、小数操作など通貨および金額を取扱い易くするさまざまなクラスを提供します。さらに、このモジュールは透明性の高い通貨換算および通貨計算機能を提供します。

通貨モジュールを使うことで、最大 306 桁の精度の表示が可能になり (1024 ビット表現を使用)、精度の高い計算メソッドおよびアプリケーション内でのエラー処理を完全に統制することで、ミッションクリティカルなアプリケーションにおける丸め誤差を防ぎます。

ユーロのサポートに関して、通貨モジュールは、通貨換算、通貨表現、小数精度を提供します。通貨モジュールは、ユーロ圏内の国に関しては、二国間または法律で定められた三通貨換算(triangulated conversion methods) の機能も提供します。

SourcePro Analysis の機能

特長 メリット
重要な数学的アルゴリズムのための直感的な C++ インターフェース 数学的アルゴリズムを取り扱う複雑さをカプセル化することで、学習曲線を短縮し、生産性を高めます。数学を容易に C++ へと置き換えます。結果として開発者は C++ の実装詳細に集中する必要なく、付加価値の高いビジネスロジックにより多くの時間を注ぐことができます
正確さおよび精度 正確で精度の高い計算を行う信頼性の高いアルゴリズム。
数学的線形代数を実行する直感的な C++ クラス FORTRAN LAPACK ライブラリ相当のパフォーマンスをカプセル化して提供します。線形代数の問題を数学から C++ コードへと、効率的かつ直感的、使いやすいインターフェースを通じて、容易に変換します。シンプルで高レベルなインターフェースを提供し、より複雑な状況において必要な場合、追加のコントロールを実装することも可能です
ビジネス・インテリジェンスのための洗練されたデータ分析を実施する C++ クラス 開発者が使い慣れている算術演算子を使用して、数学的オブジェクトを自然に表現できるようになります。開発者はあらかじめ用意されたモデル選択テクニックを使用するか、独自のモデル評価関数を定義するかを選べます
通貨および金銭を取り扱うための直観的な C++ クラス 透明性の高い通貨換算および通貨計算機能を提供します。既存または新規構築されたシステムのユーロ対応策の導入を簡略化し小数の書式設定がシンプルで極めて柔軟に行えるようになります。開発者は既存の換算アルゴリズムを拡張またはオーバーライドして、ビジネスニーズを満たすアプリケーションを設計することができます。柔軟に為替レートのソースを指定することができ、ライブフィードまたはその他データソースの使用が容易にできます
正確に小数の表現および操作が行える小数クラス 正確性を保証する、最大 28 桁の小数を表現可能開発者はデフォルトの換算アルゴリズムを拡張またはオーバーライドして、ビジネスニーズを満たすアプリケーションを設計することができます