SourcePro

最も包括的な C++ 開発プラットフォーム

SourcePro は、クロスプラットフォームに対応するエンタープライズレベルの C++ ツール/ライブラリ製品で、信頼性と移植性・高性能を実現する基本モジュールと、データベースアクセス/ネットワーク/数値解析機能を提供するアドオンで構成されています。SourcePro の採用により、開発期間の短縮や信頼性の向上、アプリケーションライフサイクルの長期化が可能です。

  • 直感的な抽象化
  • マルチスレッド化のためのモジュール
  • コレクションクラスとコンテナ
  • 数値計算アルゴリズム、ネットワーク通信、データベースアクセスなどのアドオンによる拡張が可能

SourcePro を使用すれば、1回作成したコードをあらゆるプラットフォームに展開できます。SourcePro は C++ のためのインフラレイヤーで、基盤となるプラットフォームの複雑性から開発者を隔離し、低レベルのアクセスを提供します。開発者は、必要な抽象化レベルを選択できます。

SourcePro を使用することにより、セキュアで移植性とパフォーマンスの高いアプリケーションを構築できます。CWE、CERT、OWASP、DISA STIG、MISRA などの最新セキュリティ標準に対応し、ローグウェーブの静的コード解析ツール Klocwork によって検証済みです。

 
「当社のR&D部門では、インストールベースの保守やプラットフォームの更新のタイミングに影響を与えることなく、私たちのコア技術であるID認識プラットフォームにできるだけ多くの時間を割く必要がありました。ローグウェーブのコンポーネントのおかげで、新しいプラットフォームをシームレスに統合でき、当社の開発チームは自分たちのコアコンピテンシーに集中できました。」
Andrew Friedrich、
SRD
製品マーケティング部長

1回の構築でどこへでも展開

SourcePro の API を参照したコードを書くことで、開発者は、オペレーティングシステム、コンパイラ、データベースのあらゆる組み合わせに展開できます。さらに、SourcePro はクラウドベースやオンプレミスのアプリケーション開発をサポートするための独立したレイヤーを提供します。

変更されることが少ない SourcePro のAPI を基準にアプリケーションを構築できます。基盤となるプラットフォームの機能が変更された場合でも、ローグウェーブは、既存のアプリケーションを不安定にする変更からユーザーを隔離し、アップグレードの利点を活用できるようコンポーネントを書き替えます。

最新のテクノロジーを活用しつつ、コードに対する影響を最小限に抑えられます

SourcePro の各リリースでは、コンパイラ、オペレーティングシステム、データベースの最新技術が盛り込まれているため、お客様のコードを変更することなくパフォーマンスを改善できます。SourcePro は、スレッド抽象化と高パフォーマンスコンテナのための構造を提供します。

SourcePro は初期のアプリケーション開発を高速化し、その後も継続的かつ効率的な保守を実現します。その結果として製品のライフサイクルの長期化、ソフトウェアの高速化、保守コストの削減を得ることができます。

ローグウェーブが提供する Capability