継続的インテグレーション+静的コード解析でアジャイル開発を効率化

アジャイル開発、DevOps、そして継続的インテグレーション (CI: Continuous Integration) の採用により、以前よりはるかに短いリリースサイクルでソフトウェア開発が実現されつつあります。Klocwork の継続的静的コード解析 (CSCA: Continuous Static Code Analysis) 機能は、短い開発サイクルを実現するアジャイル開発環境に最適な形で統合可能な静的コード解析ソリューションです。

Klocwork のC/C++用継続的静的コード解析を活用すれば、チームの開発者全員が、コードの変更に対して継続的インテグレーション環境で セキュリティ、信頼性、パフォーマンス問題をチェックする高速な差分解析を実行し、大規模コードに対しても非常に短い時間内に解析結果を確認することができるようになります。これはパフォーマンスとスケーラビリティを最大化するためにデザインされた Klocwork のユニークな解析エンジンアーキテクチャにより実現されます。言い換えると、Klocwork の継続的静的コード解析は、1日に何度もリリースを行う必要があるソフトウェア開発環境において、全ての開発者のコード変更に対して効率的に解析を行い、スピーディーに解析結果を開発者にフィードバックするためのベストなソリューションです。

あらゆるタイミングでコードを解析

Klocwork の継続的静的コード解析 Jenkins (ビデオはこちら)や TeamCity といった広く利用された継続的インテグレーションツール用のプラグインを提供しており、非常に簡単に利用することが可能です。また、コマンドラインによる解析機能も提供しており、標準ではサポートされていない環境への統合も簡単に行うことが出来ます。開発者は従来の Klocwork デスクトップ解析や統合ビルド解析に加え、継続的静的コード解析機能を活用することにより、全ての開発工程(コーディング、チェックイン、統合ビルド)で同一条件での静的コード解析によるチェック が可能になり、適切なタイミングで問題の早期発見及び修正が可能になります。

なおKlocworkの継続的インテグレーション解析機能を用いるためには専用ライセンスが必要です。お使いの継続的インテグレーション環境でお試しになりたい場合は、 無償トライアル(評価版)をお申し込みください。

ローグウェーブが提供する Capability