IMSLライブラリ / PV-WAVE のライセンスについて

下の図は IMSLライブラリ と PV-WAVE のライセンス体系を示しています。各用語については、用語の解説 でご確認下さい。


お見積りのご依頼、ご購入方法については、購入方法とお見積り をご覧下さい。

用語の解説

"社内"、"社外"とは?

  • 「社内」とは、お客様の会社・組織・団体の従業員、職員、教員、生徒、およびお客様の会社・組織・団体より業務請負の受託をしている団体または個人をいいます。
  • 「社外」とは、上記以外の全てです。

開発ライセンス

  • アプリケーション開発を行うことができます。また、そのアプリケーションを実行することもできるライセンスです。
  • 社内での使用のみに限定されます。

ランタイムライセンス

  • 開発したアプリケーションを、開発したコンピュータと異なるコンピュータで実行するためのライセンスです。
  • 社内での使用のみに限定されます。

OEMライセンス

  • 開発ライセンスの購入者であることが前提となります。
  • ローグウェーブ のソフトウェアを使用して開発したアプリケーションのコピーを社外で使用する、または使用させるためのライセンスです。
  • 開発したアプリケーションを 組み込んだハードウェアの使用の場合も、同アプリケーションの実行が必要な場合はOEMライセンスが必要になります。

トライアルライセンス

  • 製品の評価・検証を行うための期間限定のライセンスです。(予め最終期限を設定したライセンスを発行します。)
  • 正式な製品と同じ機能を提供します。
  • 同一企業、組織内であれば「シングルノードロック」や「フローティング」などの区別や同時使用ユーザ数に制限はありません。
  • ライセンス管理されている環境での使用に限定されます。

シングルユーザ

  • 同時使用人数1名
  • Java製品(JMSL, JWAVE)は、Java VM単位の管理になります。同時使用人数1名であっても同時に実行するアプリケーションの数だけライセンスが必要になります。
  • ノードロックおよびフローティングでの使用が可能
  • IMSLの場合、x86機の場合は8コアまで。それ以外のコンピュータは16コアまで。それ以上はマルチユーザを選択する必要があります。

マルチユーザ

  • 同時使用人数に制限はありません。
  • ノードロックでの使用のみが可能です。
  • CPU数に制限はありませんが、システム全体のCPUコア数により価格が変わります。

ノードロックライセンス

  • マシンA(ライセンスされたマシン)で使用可能
  • マシンB、マシンCでは、マシンAにリモートログインして使用することができます。
  • シングルユーザとマルチユーザの2種類のライセンスから選択できます。
  • Windows XPなどの場合は、マシンAにTerminal Serverの環境が必要です。Terminal Server環境がない場合はシングルユーザでのみ使用可能です。
  • ※ ただし、TotalView Individual ライセンスではリモート接続によるご利用は出来ません。
machine-n.jpg

フローティングライセンス

  • 同時使用人数は1名
  • 複数人の同時使用は複数ライセンスを購入することで可能です。
  • ネットワークにつながれているいずれかのマシンにインストールして、どのマシンからも使用することが出来ます。
  • OSの種類は複数対応可能です。
  • 同時使用数を管理するライセンス管理マシンが必要です。
machine-f.jpg